ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

ワーキングホリデービザは、1年間という長期間、「学ぶ」「働く」「遊ぶ」「旅行する」など、何でもできてしまうプレミアビザです。オーストラリアでは、地方エリアで農業などに3か月以上携わると、さらに1年間のセカンドワーキングホリデーのビザを取得できます。
ワーキングホリデービザ申請は30歳までという制限がありますが、ここ最近は年齢制限ギリギリでワーホリにゴールドコーストへ来られるいわゆる「ギリホリ」の方も増えています。
1年間でオーストラリアにワーキングホリデーで来られる日本人は、約1万人前後ほどとなっていますが、その中でも「成功するワーホリ」と「失敗するワーホリ」が、はっきりと分かれてしまっている現状があります。一生に一度の貴重な体験ですので、帰国後の就職にも生かせるような、そして一生の財産となるようなワーホリでの海外生活を送ってほしいと思います。

ワーキングホリデーの基本情報

  • 年齢条件:18歳~30歳まで(30歳のうちに申請すれば、31歳になってからの出発も可能です)
  • その他条件:同伴する子供がいないこと。ビザ取得から1年以内に渡豪すること。健康であること。
  • 滞在期間:オーストラリア入国日から1年間有効。セカンドワーキングホリデービザを取得した場合、2年間滞在可能。
  • 就学期間:最長4か月まで就学可能
  • 就労期間:同一雇用主の元で最長6か月までフルタイム就労可能
  • ワーキングホリデービザ申請費用:$440(2015年7月現在)
  • ワーキングホリデービザ申請方法:オーストラリア移民省ウェブサイトよりオンライン申請
    http://www.border.gov.au/Trav/Visa-1/417-
  • オーストラリア国内で、ワーホリビザから学生ビザへの切り替えは可能
  • オーストラリア国内で、ワーホリビザから観光ビザへの切り替えは不可
※弊社にて学校手続きお申込みのお客様に関しましては、ワーキングホリデービザ申請を無料サポート可能!!

ワーキングホリデーQ&A

ワーキングホリデー1年間の基本的な過ごし方は?

※個人の英語力にもよりますが、通常生活に困らない程度の英語力をつけようと思う場合は、最低3か月前後ほど英語学校に通うのが最も効果的です。最初に英語をしっかり学んでおけば、その後のアルバイト探しで選択肢が増えたり、より良い時給の仕事につける可能性が高くなりますし、ファームでの仕事探しやラウンドトリップの際にも必ず役に立ちます。もちろん、帰国後の就職にも大きな武器となります。

「失敗するワーホリ」ってどんなパターン?
上記のようなパターンにならないよう、事前にしっかりと計画を立てて、必要なお金の準備や英語の準備を進めていくことが重要です!そして、最低限の英語力はしっかりと身につけることが成功のカギとなります!

厳選!ゴールドコースト/ブリスベン語学学校

ワーホリの準備期間はどのくらいかかる?

上記のような失敗するワーホリにならないように、「資金面の計画」を立てるのは、半年前、1年前、早ければ早いほどベターです(もし貯金が全くない場合は、ある程度の期間をかけて貯金しなければなりません!)。そして、遅くとも出発の3か月前には全体のプランを立てたり、最初の語学学校の場所や学校選びをしたり、ワーキングホリデービザを取得したりという準備になります。
弊社では、現地の最新情報を元に、プラン作りもお手伝い可能ですのでお気軽にご相談ください!現地到着後のサポートも万全です!

無料サポート内容

「ラウンド」って何?
オーストラリア全土を周るラウンドトリップです!
国土が日本の約22倍もあるオーストラリアは、地域、都市によって様々な特色があります。また多くの世界遺産も存在します。中にはジブリアニメのモデルになったのではと言われる場所もあります。その広大なオーストラリアを旅しながら、見て・体感するのがラウンドです。人生観が変わるような美しい景色や衝撃的な景色に出会うことができます!!

一般的なラウンドのパターンは下記の通りです。

セカンドワーキングホリデービザを取得するためには?
セカンドワーホリを申請するための条件としては、1年目のワーホリの間に、フルタイムで3ヶ月(または88日以上)、特定の地域で、特定の仕事をして、その証明(Form1263)を雇用主よりもらう必要があります。

  • 特定の地域とは、いわゆる田舎の地域で、郵便番号で区別されています。
  • 特定の仕事とは、例えば、農場でのフルーツピッキング、牧場での酪農関連の仕事、食肉加工業、漁業、資源関連の鉱業、林業、土木関連業などになります。一般的には、農場でのフルーツや野菜の収穫に携わる方が多いです。

セカンドワーホリの条件詳細は下記オーストラリア移民省サイトに記載されています。
http://www.border.gov.au/Trav/Visa-1/417-

※WWOOF(ウーフ)などでの無給ボランティアワークに関して、
今後は職歴として認めない、ということになる可能性がありますのでご注意ください。
(2015年7月15日現在)

セカンドワーホリのためのファームはどのようなところがありますか?
下記、あくまでも目安ですが、代表的な都市別の収穫カレンダーです。

最高のプランを最少の費用でご案内します。お気軽にご相談ください!

LINEやスカイプでも無料相談可能です!

LINE QRコード
Add Friend