ゴールドコースト留学のメリット

ゴールドコースト留学のメリット

温暖な気候
ゴールドコーストのあるクイーンズランド州は、「サンシャインステート」とも呼ばれていて、1年のうち300日以上が晴天と言われています。冬(6~8月)でも日本の秋ほどの気温です。朝晩は少し寒い日もありますが、シドニーやメルボルンほど冷え込むことはありません。冬の数か月以外は基本的にずっと夏のような気候ですが、日本の夏ほど蒸し暑くはなく、最高気温も32度前後ほどで大変過ごしやすいです。
気候は間違いなくオーストラリアでベスト、もしかしたら世界でも最も気候の良い街のひとつかもしれません。
豊かな自然
ゴールドコーストと言えば、もちろんビーチが有名です。40キロ以上にわたり、真っ白の砂浜が続いていて、朝夕はたくさんの方が裸足でビーチウォークを楽しんでいます。ゴールドコーストの観光の中心地であるサーファーズパラダイスでは、たくさんの観光客がビーチでのんびりと過ごしていますし、もちろんその名の通り、サーファーの方にとってはパラダイスです!
また、少し内陸に行けば、世界遺産のマウントタンバリンや美しく光る土ボタルなどを見ることができます。
シドニーやメルボルンなどの大都市と比較して、学費、生活費を抑えることができる
シドニーやメルボルンなどと比較しますと、ゴールドコーストは本当に小さな街です。
日本でも東京や大阪の物価と、田舎の物価(特に家賃)が違うように、オーストラリアでもやはり都会は物価が高く、田舎は物価が低いです。ゴールドコーストでは、大学の学費だけでも都会の大学とはかなり差がありますし、家賃を含めた生活費はかなり低くなりますので、留学やワーキングホリデーにかかる予算を抑えることもできます。
「初めての留学」「ワーキングホリデーのスタート地」として街の規模&立地的にもピッタリ
初めて留学をされる際に、どのような都市が過ごしやすいでしょうか。ゴールドコーストは、大都会ではなく、そして田舎過ぎて不便ということでもない、本当に丁度良いバランスの取れた街です。大都市よりも生活費を抑えることができますし、東京からジェットスターで直行便が毎日運航されていますので、「最初の一歩」にはピッタリです。ワーキングホリデーに関しても、「ゴールドコーストIN」という方は大変多く、まずはゴールドコーストで英語を勉強しながらオーストラリアに慣れていって、数カ月後にシドニーやメルボルンに移動する(またはファームで働くために田舎へ移動する)というパターンは理想的です。
実は日本人学生が少ない
「ゴールドコースト=日本人が多い」という先入観をお持ちではないですか?確かにリーマンショック以前(2008年頃まで)は、比較的日本人も多かったことは事実です。しかし、ここ最近は南米(ブラジルやコロンビア)、ヨーロッパ、東南アジアなどからの留学生がかなり増えており、逆に日本人は減少傾向にありますので、語学学校の中の学生比率でも日本人は本当に少数派です。日本人割合が10%、20%程度という学校も多いです。ゴールドコーストの大学ですと、学部内に日本人は数名ということも珍しくありません。英語漬けになって勉強するために理想的な環境が整っています。
留学生の国籍バランスが良い
アメリカのロサンゼルス、カナダのバンクーバーなど、移民を積極的に受け入れている国の都市部には、中国や韓国からの移民、学生が大変多いです。オーストラリアでもシドニーやメルボルンを歩いていると、本当にたくさんの中国系、インド系、韓国系の方々に会うことができますし、語学学校ではかなりの割合が中国人学生ということも珍しくありません。しかし、ゴールドコーストではアジア系の学生割合が他都市と比べると圧倒的に低く、代わりに南米やヨーロッパ系の学生割合が高い傾向があります。もちろん日本人学生に比べれば、韓国系や中国系の学生のほうが多いですが、全体的に大変バランスの取れた学生国籍比率になっています。
親日家が多く、他都市と比較しても大変治安が良い
クイーンズランド州に住む「クイーンズランダー」は、大変気さくで陽気な方が多く、親日家がとても多い傾向があります。そして、シドニーやメルボルンなどの都市部と比較すると、犯罪率も低く治安も良いですので、ご両親としても安心して送り出すことができます。

最高のプランを最少の費用でご案内します。お気軽にご相談ください!

LINEやスカイプでも無料相談可能です!

LINE QRコード
Add Friend