【ワーキングホリデービザの税率変更に関して】

ワーホリビザ保持者に対する税率が1月1日より変更となっています.


今までは、ワーホリビザ保持者でも税法上「居住者扱い」の場合であれば、ローカルの方と同じ税率が
適用となっていました。
(逆に「非居住者扱い」の場合は約30%の税率でした)
詳細は省きますが、多くのケースで居住者扱いとなるワーホリが多かったのですが、今後は下記の通り統一となりました。

【ワーホリビザ保持者の税率】
年間課税所得:$0 ~$37,000 ⇒15%
年間課税所得:$37,001~$87,000⇒32.5%

ちなみに、学生ビザ保持者は今まで通り「居住者扱い」となり
ローカルの方と同じ税率が適用となりますので、下記の通りとなります

【学生ビザ保持者の税率】
年間課税所得:$0 ~$18,200 ⇒0%
年間課税所得:$18,201~$37,000⇒19%
年間課税所得:$37,001~$87,000⇒32.5%

下記オーストラリア税務署(ATO)のサイトです。
https://www.ato.gov.au/…/Schedule-15–Tax-table-for-workin…/
ワーホリビザから学生ビザへ変更を希望される方も増えてくるかと思いますが、
無料手配可能ですので、お気軽にお問い合わせください!

※弊社スタッフは全員オーストラリアに10年以上滞在しており、オーストラリア移住・就職を成功させておりますので、その実体験を元にアドバイスさせていただいております。オーストラリア移民弁護士とも提携して最新のビザ情報もご提供しております。

ご予約をご希望の方は、 info@gcryugaku.com まで、お気軽にお問い合わせください。

email_gcryugaku_JPN

パソコンhttp://gcryugaku.com (ゴールドコースト留学.com)

最高のプランを最少の費用でご案内します。お気軽にご相談ください!

LINEやスカイプでも無料相談可能です!

LINE QRコード
Add Friend