【渡航前準備】国際運転免許証を作ったほうがいいでしょうか?

オーストラリア短期留学(観光ビザ)で車に乗りたいということであれば確実に作ったほうが良いかと思います。
また、ワーキングホリデーや長期留学などで時々車に乗ることがあるかも?という場合も同じく作っておいても良いかと思います。
国際免許証と日本の免許があれば、レンタカーを借りることも可能です。
 
逆に言いますと、ワーキングホリデーで車を買いたい、1年以上の長期留学で基本移動手段は車という場合は
現地の運転免許を取得すべきですのでわざわざ国際運転免許証を作る必要はないです。
 
クイーンズランド州の運転免許を取得するためには、日本の運転免許があれば書き換えは簡単です。
もちろん英訳版が必要で、NAATIというオーストラリア政府公認の翻訳士による運転免許翻訳が必要です。
その他、いくつかの身分証明などと共に、運輸局(Queensland Transport)へ提出、写真撮影などをして2週間ほどで免許が送付されてきます。
 
私個人的には、ワーキングホリデーまたは長期留学であればとりあえず身分証明として、現地の免許を取ったほうが便利なのではないかと思います。
お酒を買う時、カジノへ行く時、週末にクラブへ遊びに行く時、など色々な場面で使えます。
常にパスポートを所持しているのも面倒だと思います。
 
弊社では、NAATI翻訳士による運転免許翻訳も手配していますのでお気軽にご連絡ください。
 

無料お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください!

email_gcryugaku_JPN

パソコンhttp://gcryugaku.com (ゴールドコースト留学.com)

最高のプランを最少の費用でご案内します。お気軽にご相談ください!

LINEやスカイプでも無料相談可能です!

LINE QRコード
Add Friend