【渡航前準備】留学・ワーホリで現地到着後の滞在先は?

まず最も一般的なのはホームステイです。
短期留学や親子留学に向いている滞在方法です。
そしてワーキングホリデーや長期留学の際の最初の1,2ヶ月をホームステイで過ごすという方も多いです。
ゴールドコーストでは、プール付きの大きな家が多く、中心地からもそれほど離れていない場所にありますので、通学も問題ありません。現地の家族と生活を共にすることにより、英語だけでなく、オーストラリアの文化、風習を学ぶことができます。
 
次に多いのが、シェアハウスです。
ワーキングホリデーや長期滞在者はこの方法が一般的です。
ご自分の部屋以外は、キッチンやリビング、シャワーなどは共同です。
気の合う仲間と一緒に生活するのは楽しいですし、色々な国籍の方とのシェアも日本ではなかなかできない貴重な体験です。自炊をして節約すれば、最も生活費を抑えることができる方法です
日系や現地のサイトで、シェアメイトの募集をしていますので、シェア探しも簡単です。
 
または、ゴールドコーストの大学や語学学校で、学生寮を持つところもあります。
費用的にはシェアよりも少々割高になりますが、同じ学校の仲間と過ごすことができ、
ほとんどの場合学校の近くにありますので、通学の便が良いというのも魅力です。

最後に、バックパッカー・YHAなどを予約しておくという方法です。これはあくまでも1週間程度の一時滞在先として使う方法です。
特にシェアハウスを希望されている女性の場合実際に見学をして一緒に住むシェアメイトと会わないままで日本でシェア先を決めてしまうのは危険ですので、まずはパッパーなどに滞在しながら色々と見学をしてからシェア先を決めていくほうが安全です!

 

無料お問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください!

email_gcryugaku_JPN

パソコンhttp://gcryugaku.com (ゴールドコースト留学.com)

 

最高のプランを最少の費用でご案内します。お気軽にご相談ください!

LINEやスカイプでも無料相談可能です!

LINE QRコード
Add Friend